一白水星のエネルギーについて

一白水星のエネルギーについて

 

アメーバブログに、伊藤健太郎さんについて書いていますが、

記事はこちら

 

ひき逃げ、いわゆる事故を起こしたのに、

黙ってその場を逃げ去るという行動は

法律的に、してはいけないことです。

なのに、なぜ人はそこから逃げてしまうのか

 

逃げる=その場からいなくなる=その場に穴を空ける=これも気学で言う一白水星の意味のひとつとなります。

さきほどブログ内で、彼は今年一白水星をやるといいと書いていますが

そこに目を向けないでいると、

気のエネルギーは代わりのことを得ようとします。

この考え方は漢方薬の原理と同じです。漢方薬は気学が元だからです。

 

足りない五行のエネルギーは良いものでうめたい、けれどない場合は他の気でうめる必要があるわけです。

その人が望もうと望まなかろうと。

つまり、その人の生まれ持つ五行の気のエネルギーと相性がよく、そのひとにとって必要なものは

行動でも取りやすいし、考え方でもそうなりやすいともみることができます。

彼の星三碧木星と一白水星は水と木で相性がよく、相性(そうしょう)の関係です。(相性が良く互いに相手のことをわかるしやりやすい)

 

運気がいわゆる厄年や空亡のときなどに、心が不安定で、満たされない、悩みがあるようなときに

そういう星を九星でもつひとは、

なんとなく逃げる、あるいは、無視する、あるいは黙りこむ(家庭内での喧嘩の形が無視になったり)

 

といった方向へいってしまいやすい

そういうふうにみることができます。

これは無意識でなにも本人が気づいていないわけですが、

一白には、なき師匠村山先生が何度も言われていた

「心」すなわち「真心」という意味があります。

 

逃げたり無視したり、問題をグレーにしたまま放置したり(伊藤健太郎さんはそれを無意識にしてしまった)

という行動は、悪いというより、そういう風に行かざるをえなかった。

その人の心が空っぽだったから。

だから法的にみて「無視する→逃げる」という方へ流れてしまった。

流れる、これも一白水星の気があらわす意味です。

 

人が逃げたり、黙ったり、無視したりするとき、

その方がいいときもありますが、

このような事故なら相手がいます。

その人を思いやる心があれば、そちらが勝つかもしれないし、すぐ止まれたかもしれない。

でも、その人の心が空洞で、どこかに穴があいていたりしたら、

そのままグレーにしておいてもいいかなと

別の一白水星をしてしまう

それはおそらく真心がない

ということにつながります。

 

私たちは、時に迷ってもいい

でも

自分の心が満たされているように 身近な家族との関係を大切にし

間違っても学びながら自分を正し

そしてその場その場で会う人への真心を忘れないように

していきたい

感謝や尊敬や真心のある行動は満ちた自分の心

から生まれてくるのかもしれません。

 

もし人間関係(一白水星の意味がある)がうまくいかないと悩んでいる方がいたら、一白水星について知ること

どんなときも真心を受け取り、そして真心を尽くす、ことで

人との関係の悩みは少しでもおさえられるのではないでしょうか。

 

関連記事

  1. 解決できないような悩みや問題の対処法

  2. 心の平安ってどうすれば得られるの?

  3. 自分の願いを叶えるために大切なこと

  4. 師という希望の光

  5. 困った事があったとき、わいてくる不安や焦りってどうすればいい?

  6. 誰かのせいで・・の意味するもの

  7. 原因と結果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。