運勢がいいときに起きる災難の原因

運がいいときに起きる災難の原因

 

 

先日は急遽ご近所の方からの依頼で2時間気学セッションでした。

 

その方はその方の星にとって、とても運気の良いと言われる昨年、
いろんな、一般的にはついてないと思われる大きな出来事がご自分に起き、
これから先が不安でどうしたらわからないというようなお悩みをお持ちでした。

 

それが自分のことでなく、大切なお身内に起きたことであっても

 

実はその出来事が
そのご相談者様本人へのメッセージなんですよ、(※例:車の事故ならご自分の生きがいはあるの?
といったように)
とお伝えしました。

 

気学では起きる苦悩や喜びなどさまざまな出来事を全て9つの星になぞらえて
捉えていくからです。

 

土星の星を本命に持つ方は愛情深く、自分より相手のお世話を焼いて幸せ感を感じやすく、
尽くし型の方が比較的多いような気がします。(私はそういうタイプではないので😅憧れます💦

 
 

ですが、自分の幸せを置き去りにして、
楽しくない仕事をし続けたり、
自分の心の声を無視して
相手に尽くしても、

 

宇宙はそれを「偏り」としてみて、
返って相手に関する悩みを与えて、
相談者本人が本来の使命に向かえるよう、
自分にもっと向き合うように仕向ける

 
そう感じています。

 
 
 

特に昨年から今年、運勢のいい五黄土星、八白土星、六白金星の星の方は自分を大切にすることがポイントで、
自分の代わりにそれを誰かに叶えてもらうために尽くすのではなく、
自分のために何ができるかを考えて進んでいかれるといいかもしれません。

 

そして当の私も、こういう深い個人鑑定をさせていただくと、
今のわたしが外に向かって何を出すべきか、発信すべきことや使命に気づかせてもらうことが多いです。

 

気学で何度も学び続けてきた「出すから入る」という言葉がよりしっくり心に染み入る鑑定でした。

 

気学個人鑑定では
あなたに今起きている悩みや未来の不安の原因を知り、
それを乗り越える方法をご一緒に探し、あなたの悩みや不安に寄り添います。

 

気学個人鑑定についてはこちら

 

気軽にお試しいただける体験セッションはこちら

 

関連記事

  1. 運命がそこに出ている。どうやって回避すればいい?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。